ARK dedicated server をたてる

チャイニーズコロナが流行っているので大仏建立のようにサーバを建てる

ボクはゾンビが苦手だ。ゲーム内の爬虫類と虫も嫌いだ。なのにコロナの影響なのか暇こいてARKがやりたいというフレンドがいるので、大仏建立のようにARKのPvEサーバーを建ててみた。設定はARK Server Managerという便利そうなツールがあるので、Dedicated Serverも簡単そうなのだ。

2週間ほどテスト運用してみて、だいたい安定稼働してきた。本家サーバーのように面倒でもPvPサーバーのように殺伐ともしない、ぬるいテイマーライフを満喫してほしい。現マップはIdLandでオーソドックスである。パスワードでロックしているので、本サイトのサーバー情報を見てDISCORDに訪れてほしい。

なんとなくパスワードがピン止めされているはずだw

パスワードはTEAM-BOSS.COM伝統のものなので、由来など面白がって欲しい。

次に建てるのは金剛力士像のようなInsurgency Sandstormだろう

こちらはちょっと難しそうだ。ボクが好きなCoopモードのCheckpoint mapが少ない。どのようにローテーションするべきか悩ましいのだ。

前作のInsurgency(素)であればWORKSHOPのマップがゴロゴロとあったのだが、SandstormはまだWORKSHOPがない。

公式サーバーのCoopはPvEなのに心無いチャイニーズやコリアンが日本人だとみるや、ボクらの背中を撃つフレンドリーファイヤーを繰り返し襲ってくるので辟易しているのだ。

ローカルサーバーのパスワードロックは必須だ。ボクらはCoopがやりたいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です