CentOSでCockpitを導入するとsubscription-managerに登録しろと指摘されるのを解消する

エラーではない

うちのCentOS 7 + oVirt4ではブラウザから様々な設定作業を行うためCockpitが導入されている。ovirt-engineをインストールすると依存関係で一括導入されるのだけれど、yum updateを実行すると

This system is not registered with an entitlement server. You can use subscription-manager to register.

Uploading Enabled Repositories Report
Cannot upload enabled repos report, is this client registered?

といった、何やらサブスクリプションマネージャーで登録しないといけないっぽいメッセージが表示される。これはエラーではなく情報なので気にしなくてもいい。だけれど、毎度毎度出てきてボクの心をざわつかせるので表示を消したいと思う。

手順は2つのファイルを編集してenable=0にするだけである。

# vi /etc/yum/pluginconf.d/subscription-manager.conf
[main]
enabled=0
# vi /etc/yum/pluginconf.d/enabled_repos_upload.conf
[main]
enabled=0
supress_debug=False
supress_errors=False

光あれ

Internet回線も10Gbps

nuro 光 10Gs というサービスが2019年3月にサービスインした(らしい)。上下10GbpsのInternet回線契約で自宅LANが10GBase-Tになっているボクんちには最適なサービスだ。今年の正月休みにWEBで契約して契約書がすぐに届いた。次工程は工事日程の決定、次々工程から回線工事になる。1.下見, 2.宅内配線, 3.屋外配線(NTT絡む)となり、開通まで2か月くらいかかるそうだ。まぁ3月開始だから5月?うーん、待ち遠しいね。

工事日程の連絡がこない

待ちきれなくてサービスインする前の2月にハイエンドサービス専用デスクというオタク歓喜するネーミングの窓口に聞いてみた。

工事日程の連絡こないんですけれど、まだですか?

サービスインする3月までお待ちください。

ところで今日は3月12日だが、まだ工事日程の連絡はない。WEBで申し込めないの?4月になっちゃうよ。

急いでいるのには理由がある

単に待ち遠しいだけなので理由などない。すいません。あえて理由をつけるなら、契約中ISPの固定IPと新規回線追加制限のオプションサービスが3月31日に終了してしまう。固定IPでなくなるならどこと契約しても同じと思って、移転先のISP探しをしている最中にnuro 光 10Gsがマッチングしたのだ。

ついでだけれど、端末10台程度で無線側がパンクするバッファローのローエンドWiFiアクセスポイントもこれを機に新調しようと思っていたが、今のままでは予定が組めない。Nuroが提供するルーターの機能次第で用意する機材も変わってくるが、情報が公式,SNSにでてこない。調べたところ3月下旬に延伸されていた・・・

誤自宅LAN事情

仕方ないので自宅の足回りを整理しておこう。

VLAN機器用途型名
10Gファイルサーバasrock 自作
仮想ホストCELSIUS 改造
ゲーム用PCASUS 自作
1GL3SWCatalyst 3750G
アクセスルーターRTX810
WiFi APWSR-1166DHP3
NASTS-459Pro
ゲーム用PC予備
WiFiスマートスピーカーGoogle home
スマートスピーカーGoogle home mini
スマートリモコンRemo
スマートリモコンRemo mini
サムターンロックSesame mini
ゲーム機Play Station
ゲーム機Steam Link
インターネットテレビChrome Cast
スマホandroid
スマホiPhone
電子ブックKindle
ポケットPCGPD Pocket

WiFi 機器増えたなぁ。10Gの8ポートL2SWは2台あるので1GのVLANをすべて10G化することは可能だし、WiFiとVLANを分ける必要ないのでL3SWも不要になるな。早く10G光こい。

昨晩の酔いどれ

職場の同僚から「駅前に地酒が飲み放題の店ができたらしいので行きませんか?」と誘われた。武蔵小杉駅前に10月にオープンしたばかりの吟醸マグロという居酒屋だ。

地酒は60種類用意してあるとメニューに書いてある。獺祭とか田酒などの有名どころは1人1杯までと制限あるが、他は飲み放題だし燗もできる。日本酒はセルフで注ぐのでちょっとずつ利き酒することもできるし、目当ての銘柄をたらふく飲むこともできる。

酒のアテは日本酒好きにはたまらんものばかりだ。今回は90分の飲み放題2000円でやってみたが、あっという間に至福の時間が過ぎてしまった。料理込み5000円弱、日本酒好きは行って損はない。

成人病の数え役満状態なボクなので日本酒は避けていたのだけれど、これは命をかけて行ってもいいかw

oVirt のengine-backup script

backup-image

全バックアップのスクリプト

oVirt engineの databese とDWH の databaseを万が一のために毎日フルバックアップする。フルバックアップといってもデータ量はさほど大きくない。

#!/usr/bin/bash
#
# oVirt engine database & DWH database all backup
# /mnt/PublicはNAS上のnfs
#
/usr/bin/engine-backup --mode=backup --scope=all --file="/mnt/Public/ovirt/backups/engine-backup-$(hostname)-$(date +%F).tar.bz2" --log=/mnt/Public/ovirt/backups/ovirt-engine-backups.log

# 1週間以上前のバックアップファイルは削除する。ログは残す
find /mnt/Public/ovirt/backups/ -name "*.bz2" -mtime +7 -exec rm -rf -- {} \;

crontabに登録して毎日実行

スクリプトは毎日深夜に実行。うちのNASは夜1:00から別ファイルサーバーにrsyncしているのでその前に実施することとする。0:30くらいかな。

#crontab -e

# ovirt backup run daily at 0:30
30 0 * * * /root/tools/backupovirt.sh >/dev/null 2>&1

生成されると、バックアップファイルのアーカイブとログが残る。アーカイブはスクリプトによって1週間分のみ残る。ログは追記されるようだ。

-rw-r--r-- 1 root root 2151512 10月 27 13:39 engine-backup-green.team-boss.com-2018-10-27.tar.bz2
-rw-r--r-- 1 root root    3653 10月 27 13:39 ovirt-engine-backups.log

万が一に復元するときは

当然、バックアップしたのだから復元方法も記す。復元はDWHも復元するので少しパラメーターが増える。また、ドキュメントでは復元時にはDBの内容が入っていない状態でやるようにと記載されていた。ということはengine-setup前っていうことである。

# engine-backup --mode=restore --file=/mnt/Public/ovirt/backups/engine-backup-green.team-boss.com-2018-10-27.tar.bz2 --log=/mnt/Public/ovirt/backups/ovirt-engine-backups.log --provision-db --no-restore-permissions --provision-db --provision-dwh-db --provision-reports-db
Preparing to restore:
- Unpacking file '/mnt/Public/ovirt/backups/engine-backup-green.team-boss.com-2018-10-27.tar.bz2'
Restoring:
- Files
Provisioning PostgreSQL users/databases:
- user 'engine', database 'engine'
- user 'ovirt_engine_history', database 'ovirt_engine_history'
Restoring:
- Engine database 'engine'
  - Cleaning up temporary tables in engine database 'engine'
  - Updating DbJustRestored VdcOption in engine database
  - Resetting DwhCurrentlyRunning in dwh_history_timekeeping in engine database
  - Resetting HA VM status
------------------------------------------------------------------------------
Please note:

The engine database was backed up at 2018-10-27 00:30:03.000000000 +0900 .

Objects that were added, removed or changed after this date, such as virtual
machines, disks, etc., are missing in the engine, and will probably require
recovery or recreation.
------------------------------------------------------------------------------
- DWH database 'ovirt_engine_history'
You should now run engine-setup.
Done.

このバックアップはDBのみの退避であるため、DWHにあるドメインの各種イメージなどは退避されない。これは別の方法で実施することになる。

ovirt-engineとファイルが同じサーバーになるように構成して、なんらかの要因でストレージを飛ばしてしまったとき、イメージファイルも復元できないと何の効果もないので、くれぐれもバックアップは確実にとるように。

うちはファイルサーバーとovirt-engineが同じサーバーで構成されていて、イメージのあるLVを飛ばしてしまったときに泣いたよ。こんなときはDBを復元してもだめで、エクスポートドメインからのインポートでなんとか復活できた。

Steam 春の大掃除イベントにやられた(嬉)

Steam の小イベント

Steam が春の大掃除イベントとか言って5/25~28の4日間、所有ゲームライブラリを見直せとか言っている。ツミゲーマーなのでこういうのはウェルカムなのだが、さらにスピードクリーニングと称して、オマエこんなの好きだろ?とボクが持っていないかつ好きそうなゲームをSteamが10本くらい選んで無料でプレイできるのである。

これにはまいった。ウイッシュリストに入れてないけれど、ちょっとボクの好きそうなゲームが期限付きで無料なわけだ。長編モノなら続きは有料だよ。フレンドも持っているけれど、やりこみたかったら買っとけと。おかげでこの週末に2本のゲームを買ってしまった。もう1本はちょっと悩んでる。なぜかというと…

ボクはゲームでゴアとか爬虫類とか虫が嫌いなのだが、オマエ好きだろ?の7割がそれ系ってどうなんだろうね。(フレンドがゴアというわけじゃないぞ)

ボクが海外ホラーが嫌いな理由もこれだな。

たしかにHow to survive(島中ゾンビだらけのサバイバルゲーム)は、ちょっと夢中になったりしてH2Sだけじゃなく、part2も買ったし全DLC買ったけれどさ。基本的にゴアは嫌いなんだよ。あぁ中二病はちょっと後遺症があってクトゥルフ神話は好きだったりする。うーんゴアの権化みたいなものか。